築地みさえ
やんちゃな娘と気弱な息子の育児に追われつつ、日々楽しいOL生活を送っております♪

佐津間みう
何でもとりあえずは食べてみたくなる隠れ食いしん坊。食べ歩きが趣味のOLです♪

芝本ゆか
幼馴染みとルームシェアをしながら、楽しく暮らしてます。読書が趣味のインドア派♪

≪練り製品≫に目がない私たちと一緒に、フィッシュケーキクラブで楽しい食生活を広げましょう!!


「しめかざり」展覧会&講座に行ってきました!




Face_misae 紀文ももちろんそうですが、世の中そろそろおせち料理の予約がスタートするなど、年末・お正月を感じる事柄が増えて参りましたねconfident

そんな折、以前にも弊社でご講演をお願いしたことがある、しめかざり研究家の森須磨子先生よりご案内をいただき、武蔵野美術大学で行われている展覧会と講座に参加して参りましたrun

20171028simekazari1そもそも「しめかざり」とは、正月に年神様(新しい年の福を授ける神様)を迎える準備として、家の内外に飾り付けるわらでできたお飾り。

お正月に準備されるおせち料理や鏡餅、門松、祝箸も全て年神様をお迎えするための目印であったり、一緒にいただくものであり、次の一年の幸せを願う大切なものなのですよねclub



森先生は大学の卒業制作をけっかけに始められた「しめかざり」研究を、途中からこのように素晴らしい職人さん達の技術が受け継がれないうちに無くなってしまうという危機感から、今に至るまで毎年末・年始、全国各地を巡り、取材、収集を続けられていらしたとのこと。

20171028simekazari220171028simekazari3













そもそものわら作りから、わらを綯い、その地方独特の、またはオリジナル形を作る技術が絶えてしまうのは本当に残念なことだと心から感じさせてくれる美しい「しめかざり」の数々の展示も見て参りました。

20171028simekazari4
こんな風に地域による特徴もあるようですが、皆さん口を揃えて、「うちのは普通だから・・・」とおっしゃる、というのがとても印象的でしたheart01








20171028simekazari5
また、今まで研究・収集されてきた情報をこのような一冊にまとめられたのだとか。

講演会はもう終わってしまいましたが、展覧会のほうは11月18日まで開催されているとのこと。

ご興味のある方はぜひ、一度足をお運びくださいませ。シンプルなものから、何故こんな形が生まれてきたのか、といった複雑な美しさを持つものまで全国各地の「しめかざり」に出会えるのはおそらくここだけですconfident


★コメントはこちらから↓↓↓


コメント

コメントを書く






2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フィッシュケーキ自慢のレシピコーナーはこちら
おうちで楽ちん ちゃんとごはん
アイデア広がるレシピがいっぱい! フィッシュケーキクラブ自慢のレシピコーナーはこちら。
本日の我が家のメニュー
あなたの自慢のメニューをこのサイトでご紹介ください。