築地みさえ
やんちゃな娘と気弱な息子の育児に追われつつ、日々楽しいOL生活を送っております♪

佐津間みう
何でもとりあえずは食べてみたくなる隠れ食いしん坊。食べ歩きが趣味のOLです♪

芝本ゆか
幼馴染みとルームシェアをしながら、楽しく暮らしてます。読書が趣味のインドア派♪

≪練り製品≫に目がない私たちと一緒に、フィッシュケーキクラブで楽しい食生活を広げましょう!!


今年の家族旅行♪




Face_misae今年の家族旅行、もめにもめて(?)最終決着は世界文化遺産の一つでもある 白川郷 を中心とした旅行に行って参りましたshoe

何年か前に飛騨高山は行ったのですが、微妙にそこも経由しつつ、の白川郷。本当は雪の季節もいいのでしょうが、ちょっと雪道を歩く自信がなかったので、まずはこのシーズンに行って参りましたconfident


20158takayama1_2ここ1週間位で急に涼しくなってきましたが、我が家が旅行に行ったのは東京も猛暑の頃、飛騨高山もちょっとは涼しいのかな、との予想を大きく裏切り、まぁ暑かったことsun

でも、素敵な街並み、素敵なお店をぐるり。

初のバス旅行だったのですが、何しろ分刻みのスケジュール。楽しくも、一か所に留まる時間があまりありませんcoldsweats01

そんな中でもこれだけのものをダダッといただいて参りましたdelicious
20158takayama220158takayama3_220158takayama4







そして次は本命、白川郷。20158sirakawago1_3

何とも素敵な家、景色で心が洗われる様でしたが、やはり実際に住んだり生活したりするのはかなりご苦労があるとのこと。世界文化遺産ともなると自由に改築するわけにもいきませんし、住んでみないと分からないことがたくさんおありになるのでしょうね。20158sirakawago2

ここでもこんなものを・・・heart04









最後は立山黒部アルペンルートfuji

20158kurobe120158kurobe2







帰って来てから知ったのですが、今ダムって結構流行っているのですってね。どうも情報に疎い我が家、行ってからあとでそーだったんだsign01 ということが多くて困りますcoldsweats02

20158kurobe3ここでもしっかり、白海老のから揚げ重。もちもちとしたお団子が入ったお吸い物がとっても美味しくて、後で調べたらさらさら汁というのでしょうか。本当においしくて、4人で一つのお鍋が用意されているのですが、思わずお代りしてしまいました。



まだまだいろいろ食べたのですが、ついがっついて写真に撮るの忘れてしまったりして。やっぱり我が家の旅行は景色・体験と食、半々に楽しめないとダメみたいですねconfident





そんなこんなで時間に追われるスケジュールゆえ、旅行先でも超早起き、ただし移動中は爆睡、そんな旅でございました。

素敵で楽しい添乗員さんと、最後まで安全に運転して下さった運転手さん、本当にありがとうございましたheart04

※この日記に関するご感想・ご意見は<tmisae@kibun.co.jp>まで




たくさん食べてきました!




Face_misae昨日の続きですが、我が家の旅行、それはそれはたっくさん食べて参りましたよ~delicious

まず第一日目。北海道といったら かに というイメージしかないらしい、子供達のリクエストでかに料理。

泊まったホテルの方に情報収集してから行ったお店でしたので大当たりgood
本当にかに三昧の献立がどれもおいしく、しかも息子でさえもう食べられない、という位のボリューム。それでも、もうしばらくはこんなにおいしいかには食べられないと思い、全員完食致しましたよhappy01

Kani1_2








Kani2Kani3






Kani4Kani5







次の日は ジンギスカン。 これまた子供達は初めての味だったのですが、おいしくて感激しておりました。

最初に目指していた店が混んでいたため、次の候補にしていたお店に行ったのですが、これが大正解scissors 奥さんがおいしい食べ方、肉や野菜の種類や焼き方を丁寧に教えてくれ、最初から最後まで満足の味でございましたhappy01

ところが、残念ながら夢中で食べて写真のことはすっかり忘れてしまったようで・・・、感想だけですみませんsign01



そして、デザートあれこれ。

Sweet1Otaru







Sweet2







コロンとしたスイーツは小樽、ソフトクリームは空港で、チーズタルトは空港で買って来て、家で食べました。特にソフトクリームはすごい行列ができていたお店でしたが、空港の職員の方が並んでいらしたのを見て、これは絶対おいしいに違いない、と食べてみたら本当においしくてheart04



他にもいろいろ食べたのですが、もうすぐかぶりついてしまったようで、写真がなくてcoldsweats02
ご紹介できないのがとっても残念です。



おそらく我が子供達の北海道の印象&感想は

  「おいしかったなぁ、また食べたいなぁ。」

といったところでしょうか coldsweats01

まぁ、私達も半分は同じ、あのジンギスカン屋さん、もう一度行ってみたいなぁconfidentheart04


※この日記に関するご感想・ご意見は<tmisae@kibun.co.jp>まで


久々の家族旅行♪




Face_misae去年、一昨年と子供達の受験が続いたので何となく家族旅行を自粛?していたのですが、今年は久々にこのGW、家族旅行を決行致しましたairplane

とはいっても、常に行き当たりばったりの計画性のない我が家、私が突然思い立ってネットであちこち行けそうな所を探し、予約したので、着いてみるまでは本当に行けるかどうか、未だにネット社会に慣れない私、とっても不安でしたcoldsweats02

でも、切符が届き、飛行機にもちゃんと乗ることができ、何とか無事にたどり着くことができたのでした、北海道sign01100

子供達がまだ行ったことがなくて、息子の「飛行機に乗りたい!」という願いを叶える方向となりましたhappy01

今回のメインは旭山動物園。混雑して見られない位だったらどうしよう、と思ったのですが、予想以上に活き活きとした動物さん達の姿が見られて大満足でした。

全てはご紹介できなくて残念ですが、こんな感じdownwardleft

Azarasi_2Huramingo_2Kondoru







SirokumaAraiguma







LionPengin







OokamiKapibaraHukuro_3







我が家の志向として、猛獣・鳥類系に偏りがちではありますが、すっごく楽しかったんですnote

ただ、帰って来てテレビで見たら、今旭山動物園の一押しは生まれたばかりの赤ちゃんがいるボルネオオランウータン、ワオキツネザルだったのだとか・・・時間制限もあり、何とここは素通りcoldsweats01 我が家ときたら・・・。

まぁ、全く後悔はしておりませんけどねconfident (決して負け惜しみではありません、念の為)





また、動物つながりで、別の場所ではありますが、意外な出会いがこちらdownwardleft

Yume
そうです! あの有名な、携帯電話のCMに登場する「お父さん犬」の娘のユメちゃんheart04

まさかこんなところにいらっしゃるとは、っていうか北海道犬だったとはsign03

とっても元気いっぱいのお嬢さんでありましたhappy01



流行には全く惑わされない(乗ることができないsign02)我が家の北海道旅行は、終始このような感じで進んだのでありましたconfident


※この日記に関するご感想・ご意見は<tmisae@kibun.co.jp>まで


夏の恒例行事!?高尾山登山!!


Face_yuka
ここ3年、毎年の恒例行事となっておりますのが、夏の高尾山登山です。
全く運動をしないこの私が高尾山に登るなどと申しますと大概の方に驚かれますが、目的は山を登ることではないのです。


高尾山の展望台で毎年開かれている、ビアガーデンに行くのがこの登山の楽しみなのですbeer
暑い中、山を登った後のビールはまた格別ですhappy02good


Photo_2基礎体力のない私でも一番易しいコースなら、なんとか標準タイムの40分で登ることが出来ます。(途中何度か、酸欠で気が遠くなりましたが。。。)
ですので、ゆるーく夕方から登ってビアガーデンというのがお決まりのコース。


Photo
この時期、週末のビアガーデンはとても混雑していて整理券をもらってから1~2時間待ちます。
2時間制で、営業時間は9時までなのでその分も考慮に入れて、余裕を持ってお出かけになることをおすすめします。


帰りは暗くて危ないという理由で、ケーブルカーで下山train
日々使わない筋肉と心肺を酷使して大分苦しい思いをしますが、1年に1度くらいは体力のなさを自覚し、運動しなくちゃダメだなと自分自身を戒めるいい機会となっています。

しかしながら、昨年もそう思ったはずなのにこの1年結局何もやらずに、この時期を迎えることに。。。
来年こそは、楽々と登りたいものですsweat01


※この日記に関するご感想・ご意見は<tmisae@kibun.co.jp>まで


京都旅行に行ってきました!


Face_yuka

お休みをいただいて2泊3日の京都旅行に行ってきましたbullettrain

行きたい場所を詰めに詰め込んでみましたところ、大分王道の京都旅行からは外れることに(笑)
もちろん、京都らしい寺社仏閣にも参りましたが、映画のロケ地となったカフェや手描きのかわいいガラス食器屋さんなど、大分趣味に特化した場所を巡る旅となりました。

日々、あまり激しい運動をしない私たちがここぞとばかりに歩き回ったため、2日目の夕方には足の疲労がピークにrunそこで、予定していた日程をこなして夕ごはんまで時間が空いたので、足裏マッサージに行くことにしましたfoot

ここの店員さんたちが京都にとても詳しく、おいしい抹茶スイーツのお店から、町の歴史や神社の裏話など、マッサージを受けている40分間にありとあらゆることを教えてくれたのです。

ガイドブックからだけでなく、地元の人からの情報って大切ですよね。
旅の間にマッサージなどに行くのも、情報収集の一つの方法として意外といいかもしれないと新たな発見ですflair

そして、今回の旅で手に入れた戦利品の一部をご紹介します。


P5310105こちらは「subikiawa」のグラスたち。三角模様のものは、同居人へのお土産です。






P5310106そしてこちらは、上加茂神社の馬みくじ(写真左)。以前奈良に行ったとき春日大社でひいた鹿みくじ(写真右)の横に並べたくて、思わずおみくじをひいてしまいました。
最近、旅行に行くとなぜか素朴な木彫りのものに目が行ってしまいますhappy02


この他にも、お漬物、阿闍梨餅、御池煎餅に茶の葉煎餅、そしてマッサージのお姉さんおすすめのお濃茶ラングドシャなど、おいしいものもたくさん持ち帰ってウキウキですnote

とはいえ、今回の旅行も多くの後悔を残すことになりました。
以前誰かが、旅に後悔を残すことはいいことだと言っていた気がします。また、その地に戻る楽しみが出来るからだそうですnotes

また、この楽しい後悔を持って京都に旅行したいと思うのでした。



※この日記に関するご感想・ご意見は<tmisae@kibun.co.jp>まで


秋の谷根千散策


Face_yuka
先週末、友人と谷中、根津、千駄木界隈を散策して来ましたsign01今回は小説『喋々喃々』に出てきたお店や場所を巡ることが目的です。

小川糸さんの小説『喋々喃々』には谷根千のおいしいものや素敵な場所がたくさん出てきますnote

この本を読んでいるうちに、友人と久しぶりに谷根千巡りをしたいねという話で盛り上がり、今回の運びとなりました。clover

まずは日暮里の駅で待ち合わせて、谷中霊園の中を通って根津方面へ。作中に出てきた桜並木やカフェ谷中ボッサを横目に、主人公が通ったであろう道を踏みしめますmaple

そして、千駄木方面に向けてさらに散策 foot

友人が前から行ってみたかったという雑貨屋さんなどを見つつぶらぶらと歩いていたところ、どこからともなくおいしそうな甘い匂いが漂って来ました。

その匂いを頼りに歩いて行ったところ、なんとアトリエ・ド・フロレンティーナという小さなフロランタン専門店を発見sign01すぐさまお店に入りました。いろいろな味のフロランタンがありましたが、私はシトロン、焼きりんご、マクロビの3種類を購入delicious

お店を出るとその横にもかわいらしい雑貨やお洋服のお店が ribbon
そしてそのお隣にはベーグル屋さんもありましたheart04このベーグル屋さん、旅ベーグルというお店で名前は聞いたことがあったのですが、ここにあるとは知りませんでした。

偶然の出会いを喜びながら、ここでもレーズン、デュカ、オレンジとアールグレイのベーグルを購入しましたnotes

そして、老舗のおせんべい屋さん菊見せんべいでおせんべいも購入。この辺りにはおいしそうなものがひしめいていて困ってしまいますhappy02

こちらがこの日の戦利品たちdownwardrightdownwardrightPa240174

その後、町屋にオープンした知人のカフェでランチを食べ、再び谷中へsubway
谷中銀座でお惣菜を物色し、最後に作中に出てきてどうしても食べてみたかったすし乃池の穴子寿司の折詰を買って帰りました。



Pa240170 その夜、さっそく穴子寿司を食べてみることにrestaurant
小説の中で、穴子寿司と一緒におでんを汁物の代わりとして食べていましたので、私も真似して買い置きしてあったおでん1人前を温めて一緒に食べました。


お寿司は穴子の身がふっくらととしていて、つめの甘さもちょうど良く、おいしさがふわっと口の中に広がります。穴子が甘いのでおでんとの相性も抜群でしたgood

秋の夜長に読書とおでんはいかがですか心も体も温まりますspa


※この日記に関するご感想・ご意見は<tmisae@kibun.co.jp>まで


奄美大島で夏休みを満喫(^^♪ ~番外編~


Face_yuka_4
以前にもこちらのブログで紹介させていただきましたが、私と同居人は奄美の健康飲料“みき”が大好きheart04みきとは、お米とさつまいもに砂糖を加えて発酵させた奄美大島の伝統的な飲み物です。みきが好きだと言うと、最近は島の人でも飲まない人が増えてるのにと、地元の方に珍しがられます。

初日のバーべーキューでもそんな話で盛り上がっていたところ、知人の親戚の一人が、笠利町に珍しいみきがあるらしいという話をし始めました。私たちはその未知の味に興味をそそられましたが、そんな貴重なものが手に入るはずもなく、ただただ感心して話を聞いていました。

すると、そこに居合わせた別の親戚の方がおもむろに勤め先の部下の方に電話をかけだしたのですmobilephoneなんと、夜も更けているというのに、どこで売っているかも判然としない代物を私たちのために探してくれというお願いをし始めたではないですかsign02

次の日、部下の方から、その珍しいみきが見つかったと連絡があったとき、電話をした本人はすっかり電話したことを忘れていたそうですcoldsweats01恐るべし島の酔っ払いsign03

P8190041 その方のおかげでなんと島の人でも飲んだことがないという珍しいみきをいただいてしまいましたhappy02
笠利町の方が個人で作っているものらしく、ほんのちょっとのお店にしか出回らないとか。買えるのは笠利町の小さなスーパーや商店だけのようです。
この「赤木名みき」は、粘り気が強く、甘さ控えめで、スーパーでよく売っているものとはまた一味違ったおいしさでしたよdelicious



P8190203
それからもう一つ、珍しいものをおみやげにいただきましたpresent
これは、奄美の方の自家菜園でとれたいう“中間バナナ”banana

なぜ中間バナナかというと、モンキーバナナと普通のバナナをかけ合せたもので、味も大きさもちょうど中間だからだそうですsmileこの呼び名は、栽培者の方がそう呼んでるだけで正式な名称ではないらしいですが、なんともとぼけたかわいらしい名前で愛着を感じずにはいられませんheart

吊るしておいて、色づいてきたら食べごろだということですので、さっそくキッチンのカーテンレールに吊るしました。
おいしく熟す日がいまから待ち遠しいかぎりですnote

愛すべき酔っ払いたちのいる島、奄美大島がやっぱり好きだなあと思うのでしたhappy01heart04

※この日記に関するご感想・ご意見は<tmisae@kibun.co.jp>まで

奄美大島で夏休みを満喫(^^♪ ~後編~


Face_yuka_3
「奄美大島に旅行する」と人に言うと、必ず聞かれるのが経由地はどこ?ということと、何があるの?ということです。
奄美へは、羽田から1日1本ですが直行便がありますairplaneそして、海がありますmist


ということで、滞在中の4日間、毎日海で泳ぎました。
着いたその日は、ホームステイさせていただいたお宅から歩いて5分の海で、次の日は大浜で、その次の日は加計呂麻島に渡ってスリ浜で、最終日はまた初日泳いだ海と船で連れて行ってもらった外洋で。

泳げる場所がたくさんあって、しかも一つ一つ海の表情が全く違うので、毎日泳いでも飽きることがありません。奄美の海はきれいで、浜からちょっと泳いだだけでも、魚がたくさんいるのでシュノーケルだけでも十分楽しめますfishなので、運動音痴の私にはうってつけ(笑)


P8180165 最後の日は、お昼ごはんを海辺でいただきましたrestaurant
おばあちゃん特製のカレーとサラダ。付け合せに、パパイヤと島きゅうりの漬物と酢玉子。サラダはなんとマンゴー入りでしたeye市販のごまドレッシングをかけていただきましたが、これが意外と好相性good

奄美はフルーツもおいしくて、マンゴーだけでなくパッションフルーツグァバタンカンなども特産品です。マンゴーをサラダに入れてしまうなんて考えもつきませんでしたが、さすがたくさん取れるところはマンゴーの使い方が違うなぁなんて感じ入りましたconfident


P8180175_2お昼を食べた後、知人の知り合いの漁師さんに船で外洋に連れて行ってもらい、足の全くつかない海で泳がせてもらいましたship






P8180176自分ではなかなか泳いで行けない場所は、今まで泳いだどの海よりも青く、怖かったけれども魚がたくさんいてすごくキレイで感動しましたshine






楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいましたが、日々インドアな私が思いっきり体を動かして遊び、おいしいものをいっぱい食べて、大分気力を充電出来ましたhappy01
これでしばらくは、頑張れそうな気がしますclover


※この日記に関するご感想・ご意見は<tmisae@kibun.co.jp>まで

奄美大島で夏休みを満喫(^^♪ ~前編~


Face_yuka_3
先日、お休みをいただいて奄美大島に行ってきましたsign01奄美の静かできれいな海とおいしいごはん、おいしいお酒に魅せられてこれで3度目の奄美旅行ですairplaneP8180023

今回は、奄美大島出身の知人のご実家にホームステイさせていただきましたhouseその家のお孫さんたちと一緒に、川でエビをとったり、海でウニをとってその場で食べたり、船で外洋へ連れて行ってもらったりと、旅行者だけではなかなか出来ないようなことをたくさん経験させてもらいましたconfident

もちろん、おいしいごはんもいっぱい食べて来ましたよsmile
泊まらせていただいたおうちのおばあちゃんは料理上手restaurant
調理師免許を持っていて、以前は学校の給食を作っていたとか。そんなわけで、奄美ならではのお料理をたくさん作っていただきましたnote


P8150044 着いた途端に出していただいたのがこちらの“鶏飯”。前にも書きましたが、鶏飯とは、奄美の郷土料理で、鶏肉、錦糸玉子、しいたけ、パパイヤの漬物、タンカンの皮などの具を熱いご飯の上にのせ、鶏スープをたっぷりとかけていただくお料理です。


私たちが食べたいと事前にリクエストしていたので、鶏を丸ごと3日間煮込んでスープをとってくれたそうですhappy02shine
具もたっぷりきれいに揃えてくれましたよupup

鶏飯に欠かせないのが、“タンカン”という柑橘類の皮を乾燥させた薬味。これが東京では揃えられないので、なかなか鶏飯を自宅で作ることが出来なかったのですが、地元の方はタンカンに拘らず柑橘系の果物であればなんでも良いようです。
そんなおおらかなところも島ならではcloverこの薬味になっている皮もグレープフルーツの皮を乾燥させたものだそうです。

P8150003_2 P8150005_3







そして、初日の夕ご飯はお庭でバーベキュー。
お肉やお野菜の他に、私たちがとってきた“タナガ”という川エビを素揚げにしたものや、“なぶにゃ”という貝を煮たものなどを出していただきました。“タナガ”も“なぶにゃ”も素材の味がしっかりして、とてもおいしかったですheart04

バーベキューをしていると、ご近所に住む親戚のおじちゃんたちが黒糖焼酎を片手にぞくぞくと集まってきます。みんな方言で話すので何を言っているのか8割方分かりませんでしたがcoldsweats01楽しい雰囲気は十分に伝わってくるのでしたnotes →後編へつづく


※この日記に関するご感想・ご意見は<tmisae@kibun.co.jp>まで

奄美のみき


Face_yuka
みなさんは“みき”という飲み物をご存知でしょうか

“みき”とは、お米とさつまいもに砂糖を加えて発酵させた奄美大島の伝統的な飲み物です。


味はというと、甘くてちょっと酸味のある重湯といった感じなのですが、冷やして飲むとやさしい甘みとほのかな酸味、トロリとした喉ごしがなんとも絶妙でおいしいんですdelicious

奄美大島に旅行したとき飲んで以来、忘れられない味として、いつも頭の片隅に居座るようになりました。

東京で買えないものなどないと言ってもいいくらいなのに、残念ながらこの“みき”だけはなかなか出会うことが出来ませんdowndown


P5180230ところが、先日、同居人が都内で開催された奄美大島の音楽イベントに行き、なんと“みき”を買ってきてくれたのですsign03





久しぶりに飲む“みき”は、とてもおいしくてガブガブ飲んでしまいたいのですが、滅多に手に入らない貴重なものなので、毎日少しずつ楽しんでいますnote

奄美大島ではどこのスーパーに行っても置いてあるので羨ましいかぎりlovelyいつか、こちらでも奄美大島のように、スーパーに“みき”が牛乳と一緒に並んでいるのが当たり前になるといいなぁ、なんて日々夢見ていますshine

奄美大島にご旅行の際は、ぜひ伝統の味“みき”を飲んでみてくださいねclover

いろいろなメーカーが出していて、それぞれ味が微妙に違うので、飲み比べてお気に入りの一品を探すのも楽しいですよnotes


※この日記に関するご感想・ご意見は<tmisae@kibun.co.jp>まで

女子3人奈良の旅(^^♪  ~お土産編~


Face_yuka
二回に渡って奈良旅行のお話をさせていただきましたが、お土産のことについてもちょっとだけ。

まずは、この鹿さんから。これは春日大社でひいた鹿みくじです。この木彫りのかわいいい鹿さんが春日大社のおみくじをくわえていました。

P3140154 以前、住んでいた街にあった「きっ茶 豆鹿(まめろく)」というカフェでは、この鹿さんが伝票をくわえていて、すごくかわいかったので、そこで出会って以来ずっと思いを寄せていましたheartようやく我が家にもやって来てくれて、嬉しいかぎりですhappy02


P3140155 こちらは、遊 中川という手ぬぐい屋さんで購入した手ぬぐいです。あらゆる奈良の名物がモチーフとなっていて、旅のお土産にはもってこいgood
私も同居人もハンカチより手ぬぐい派ですので、色違いの黄色を同居人へのお土産にしましたpresent

P3140169そしてこれは、鹿の角細工で出来たペンダント。このレトロな感じがたまらなく私のツボにはまりますaquarius
鹿の角は毎年はえかわるため、自然に抜けるのですが、奈良では危ないので年に一回切るそうですhairsalon


なかなか気にいるデザインがなく探しまわった結果、ようやく三条通の亀井というお店でかわいいバラを見つけましたnote
亀井さんは民芸品とおみやげのお店で、鹿の角細工の品ぞろえも豊富です。どれにするか悩む私たちに、かわいらしいおばあちゃんが丁寧に応対してくれましたよhappy01

P3140156_2 それから、奈良といったら奈良漬。奈良漬はクセが強くて苦手という方も多いようですが、私は大好きなのでたくさん買っちゃいましたcoldsweats01
奈良には、多くの奈良漬屋さんがあるので、食べ比べてみようと思い2つのお店のものを購入。今回、私は山崎のものを買いました。

この他にもたくさんお土産を買って、帰りは嬉しい重みで両手がいっぱいにnotes

奈良には古都ならではのかわいいものがたくさんあって、お買い物も充実した旅行になりましたclover

※この日記に関するご感想・ご意見は<tmisae@kibun.co.jp>まで

女子3人奈良の旅(^^♪  ~3日目~


Face_yuka
3日目は、朝から近鉄線で西の京へ行き、薬師寺と東大寺を見て来ましたtrain

あまり公表しておりませんが、実はわたくし結構な仏像好き。さりげなく携帯電話に薬師寺の日光菩薩シールが貼ってあったり、ポーチに鎌倉の大仏様ピンバッチがついてたりしますcoldsweats01

仏像好きにはたまらないこの二つのお寺。上野の国立博物館で一度拝見したことのある仏像もありましたが、やはり本来あるべき場所にいらっしゃるお姿はまた格別ですconfident


P3130127 お寺と仏像を堪能した後は、再び奈良に戻りお昼ごはんnote以前からずっと行ってみたいと思っていた、カフェカナカナに行きましたrestaurant

カナカナは古民家を改装した素敵なカフェで、かわいい雑貨屋さんも併設されていますcafe



1時半ごろ着いたのですが、土曜日かつお昼の調度いい時間であったためか、お店の前には長い列coldsweats02名前を記入して、待つこと約45分。やっと店内に入れましたdash

そこで注文したのが、このカナカナごはんdownwardrightdownwardright P3130129_2 
写真の小鉢にごはんとお味噌汁がつきます。
おいしいものをちょっとづついろいろ食べられるのって、嬉しいものですよねupup
どれも手の込んだお料理で、とてもおいしかったですheart04




P3130133_2
この定食にすでに小さなデザートがついていたのですが、ケーキもおいしそうでしたので全員注文cake
甘いものは別腹ですbleah

右奥から時計回りに、チーズケーキ、バナナチーズケーキ、焼きプリンです。


私はバナナチーズケーキをいただきましたbanana
バナナの味がふんわり漂うやさしいお味のチーズケーキで、いくらでも食べられてしまいそうでしたよdelicious

その後は、「ならまち」と呼ばれる古い町屋が立ち並ぶ地域をお散歩footこの界隈は、町屋を改装した飲食店や雑貨屋さんがたくさんあって、楽しい発見がいっぱいですflair

ならまちで、おみやげもたくさん買って大満足happy01

最後に、奈良名物「柿の葉寿司」を新幹線の中で食べるために購入し、奈良を後にしましたbullettrain P3130146_2 P3130148









二泊三日なんてあっという間ですね。京都は行っても、なかなか奈良まで足が向かないという方も多いとは思いますが、京都よりもちょっぴり素朴でゆったりした奈良もいいものですよclover


※この日記に関するご感想・ご意見は<tmisae@kibun.co.jp>まで

女子3人奈良の旅(^^♪  ~1・2日目~


Face_yuka_2
奈良好きの友人に誘われて、奈良に行って参りましたsign01金曜日にお休みをいただいて、木曜の夜出発の2泊3日の旅ですnote

この旅の目的は、東大寺の二月堂で行われるお水取りという行を見に行くことですflag

12日の夜に、11本の大きな松明を持って二月堂の周りをお坊さんが走るこの行は、奈良好きの友人曰く一見の価値ありとのことshine修学旅行で定番の奈良ですが、なぜか私の修学旅行からは外れており、今回が初の奈良上陸ですscissors


P3120033_2
1日目は、夜11時過ぎに到着したので、ホテルに直行traindash翌日の朝から行動開始です。
昼間は、奈良公園の周辺をお散歩し鹿と戯れたり、東大寺の大仏様に会いに行ったりし、お水取りが行われる夜を待ちましたmoon1





P3120007_2柵に囲われることもなく鹿が普通に歩きまわっているという風景はなんとも奇妙ですが、動物好きの私にはこの上なく嬉しい環境でしたhappy02upup




そして、町中いたるところが鹿モチーフのデザインで溢れているので、それを探すのもまた楽しかったですnotes P3120065P3120021_3








お水取りは、夜7時半から行われるのですが6時に東大寺に着いたときには、すでに境内は人で溢れかえり、二月堂が見えるところには辿り着けませんでしたwobbly
松明一本ごとに人を入れ替えるというアナウンスがありましたので、間近に見れることを願いつつその行列の最後尾に。
何箇所かに、中継映像を流してくれるモニターが設置されており、さながらライブ会場のようになっていたのには驚きましたsign02


P3120078お松明が始まってもなかなか前に進めず、6本目でようやく二月堂が見えるところまで辿り着けましたdash
その後も列はなかなか進みませんでしたが、そのおかげで6本目から11本目までなんとか肉眼で見ることが出来ましたeye


1200年以上も前に始まった行事が今も続いていると思うと、なんだかタイムスリップしたような不思議な感覚に陥るとともに、歴史ある行事に立ち会えた光栄な気持でいっぱいになりましたclover


※この日記に関するご感想・ご意見は<tmisae@kibun.co.jp>まで


アフリカからのおみやげ♪

Face_misae_3
同僚が、なんとsign01 アフリカに旅行に行き、おみやげを買ってきてくれましたpresent



いやいや、やっぱりアフリカは、地平線が見えるだけあってひたすらに広く、距離感がつかめない位おおおっきな国だったそうですconfident



なかなか気軽には行けない国ではありますが、その雄大さに一度は浸ってみたいなぁって思います。



さて、いただいたおみやげはこれdownwardleft
2010130africa1_4   2010130africa2_2   









そう、アフリカのポテトチップス! 珍しさもあって、子供達も次々と手を出しあっというまに完食delicious スパイス感が程良く、とってもおいしゅうございました。




また、アフリカの紅茶もいただきました♪
2010130africa3


 なかなかすっきりとした飲み口がおいしい紅茶でございます。




なかなか経験のできないアフリカの味(?)を堪能させていただきました happy01



いつかこの目で地平線や自然の動物たちを見てみたいものです・・・sun



※この日記に関するご感想・ご意見は<tmisae@kibun.co.jp>まで


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フィッシュケーキ自慢のレシピコーナーはこちら
おうちで楽ちん ちゃんとごはん
アイデア広がるレシピがいっぱい! フィッシュケーキクラブ自慢のレシピコーナーはこちら。
本日の我が家のメニュー
あなたの自慢のメニューをこのサイトでご紹介ください。